児玉和弘
児玉 和弘(こだま かずひろ)テノール
Kazuhiro KODAMA Tenor


東京藝術大学卒業。同大学大学院修士課程修了。二期会オペラ研修所修了時に優秀賞受賞。
在学中に東京室内歌劇場第100回記念 サリエリ『ファルスタッフ』(若杉弘指揮)でオペラデビュー。二期会『ダフネ』、『魔笛』、『ナクソス島のアリアドネ』に出演し、『カプリッチョ』フラマンでは、輝かしい美声を印象付けた。更に新国立劇場『ムツェンスク郡のマクベス夫人』、東京・春・音楽祭『ファルスタッフ』
カイウス、2015年には二期会『ダナエの愛』(指揮:準・メルクル)メルクール、同『ウィーン気質』ヨーゼフ等出演。近年では、2018年二期会<三部作>
『外套』ティンカ/『ジャンニ・スキッキ』ゲラルド、2019年大阪国際フェスティバル『サロメ』(C.デュトワ指揮)に出演し、好評を博す。コンサートでも、
モーツァルト「レクイエム」、メンデルスゾーン「エリア」、ベートーヴェン「第九」等でソリストを務め]、高い音楽性を評価されている。2019年11月
『天国と地獄』出演予定。二期会会員

トップへ
トップへ
戻る
戻る